アイコン

インタビュー特集

Vol.2 エネルギア・ソリューション・アンド・サービス 澤藤 元哉さん

広島の安定企業にIターン転職し、充実の毎日!

写真
写真

澤藤 元哉さん(33歳)

前職
フィールドエンジニア(外資系半導体製造装置メーカー)
現職
エネルギーソリューションエンジニア(エネルギー関連)

大学卒業後、外資系半導体製造装置メーカーのフィールドエンジニアとして、7年半勤務。2014年3月にエネルギア・ソリューション・アンド・サービスに熱源設備の技術者として入社。

写真

株式会社エネルギア・ソリューション・アンド・サービス

中国電力100%出資企業。エネルギーの「トータルソリューションサービス」を掲げ、15年の実績を誇る。中国電力グループで唯一の新電力事業者としても注目を浴びる期待の企業。

http://www.e-ess.co.jp/

家族の将来を考え、住み慣れた広島へのIターン転職を決めました

家族も落ち着いた環境での生活を希望していました。
現在のお仕事内容を教えてください。

現在は、大型熱源設備の運用・管理・建設の業務を行っています。具体的には、大型ショッピングモールなどの敷地内に熱源設備を建設し、運開後は、点検・予防保全・トラブル対応・省エネ提案など熱源設備全体の安定運転と運用管理を行う業務となります。

 
転職のきっかけを聞かせてください。

前職は、外資系半導体製造装置メーカーに勤務しており半導体工場に対して半導体製造装置の搬入、据え付け、調整・改造・トラブル対応等の業務を担当していました。
日本の半導体事業が衰退した為、業界および私自身の将来的ビジョンが立てづらくなり、転職を意識し始めました。
当初は出身地である東北での転職を考えていましたが、妻・子供も広島に馴染んでいたため、広島での転職も検討していました。

 
どのように転職活動を進めましたか?

私の場合、外資系企業に所属していたため、どうしても長期的な海外・国内出張が頻繁にあり、家族をケアできない状態でしたので、次の転職では一カ所に拠点を置き、安定性が高く、前職での経験が活かせる企業を探していました。
そこでまずは転職サイトに登録しました。大手の人材会社からの転職支援も受けてはいましたが、広島の地元企業に強みを持つメイツ中国さんにも相談してみることにしました。

エージェントの熱い支援も転職の決め手の一つになりました
メイツ中国の転職支援を利用していかがでしたか?

当時、他のエージェントからの紹介案件も含め、幅広く転職活動を進めていましたので、内定をいただいた時も、正直入社を迷っていました。
入社を決めるまでは不安要素も多く、メイツさんに頻繁にメールや電話でのやり取りをさせていただきました。家の近くの喫茶店まで出向いていただいたこともありました(笑)。
大変親身になってご対応いただき、不安要素も徐々に取り除くことができ、最終的に現職への転職を決めました。
地元の転職支援会社ならではのきめ細かい対応や、企業の担当者と信頼関係が構築されているのが分かり、安心してお任せできたと思います。

 

地元の転職支援会社ならではのきめ細かい対応や、熱い支援が決め手の一つになりました。
転職してみていかがでしたか?

現在の会社は中国電力グループの企業ということもあり、当初は堅いイメージを勝手に想像していましたが、非常に風通しの良い社風と企業文化を持った会社だと思います。 社長や取締役などの経営層と直接話をさせていただく機会も多く、様々な考え方を聞くことができ勉強になることがとても多いです。
また、弊社は再生可能エネルギーや省エネ事業、そして今話題となっている「電力自由化」等、これからのエネルギー事情を担うサービスを展開しており、将来性も含め、非常にやりがいを持って仕事に取り組めます。 プライベートの面では、比較的残業も少なく休みもしっかりと取れるので、家族と一緒に過ごす時間も増え、妻子ともに喜んでいます。
最近では趣味のトレイルランニングに打ち込むことができ、充実したオフを過ごせています。

 
転職を考えている人へのアドバイスをお願いします。

転職活動に関しては自分の中で「目標」を設定し、将来後悔しないためにも決して妥協はしないほうが良いと思います。
そのためには、現職中の転職活動は、時間的・物理的な制限もあり、自身で集める情報だけでは限られるため、転職エージェントを最大限利用した方が良いと思います。
もちろん、100%自分の思い描いた転職が適うことは難しいとは思いますが、転職エージェントの持っている多くの情報の中から自分に合った求人情報を提供していただけることや、企業側との様々な条件交渉も含めたサービスを得られることが、エージェントを利用する最大のメリットだと感じましたので、転職をお考えの方にはぜひお勧めします。