アイコン

インタビュー特集

Vol.5 ツネイシホールディングス 縄稚 俊佑さん

会計事務所から地元大手企業グループの経理へ!

写真
写真

縄稚 俊佑さん(31歳)

前職
経理(会計事務所)
現職
経理(造船メーカー系持株会社)

福山市出身。関西の大学を卒業後、地元の大学院に進学。金沢の会計事務所に就職し、約4年間勤務。その後、Uターンし、2016年12月にツネイシホールディングスに経理職として入社。

写真

ツネイシホールディングス

国内有数の造船会社を持ち、造船・海運・環境・エネルギー・ライフ&リゾート事業を展開している広島県福山市に本社を置く企業グループ。グループ各社の事業の成長をバックアップし、グループ間の連携を強化している。

https://www.tsuneishi-hd.com/

地元福山に戻って一からの転職活動でした。
地元である広島県福山市での転職を希望していました。
地元である広島県福山市での転職を希望していました。
現在のお仕事内容を教えてください。

2016年12月に入社し、会社全体の税務と子会社である常石エンジニアリングの経理を担当させていただいています。
前職は個人の会計事務所でしたが、現職では部署があって、部署間のやりとりがあって、子会社があって、最初は大きな会社の体制というものに戸惑いました。ですが、実際に担当させていただいている仕事は前職とほとんど変わらないので、割とすんなり慣れることができたと思います。

 
入社前のお仕事は? 転職のきっかけは?

石川県金沢市の会計事務所の職員をしていました。
地元である広島県福山市に戻りたかったというのが一番の理由です。

 
どのように転職活動を進めましたか?

前職を退職し、地元である福山市に戻って一から転職活動を始めました。
ハローワークを利用して企業の面接を受けに行ったり、他社の大手エージェントに登録して求人を案内してもらったりしていました。

鞆の浦の海を見ながら毎日通勤しています。
メイツ中国の転職支援を利用していかがでしたか?

転職サイトを通じてメイツ中国の担当者からスカウトのメールをいただき、そのことがきっかけで登録をさせてもらいました。すでに登録をしていた大手エージェントには、「広島県の中でも福山市は少し外れているエリアで、尾道市から福山市にかけての求人を紹介できるエージェントはあまりないですよ」と言われていたのですが、メイツ中国では福山市の求人をすぐに紹介してくださいました。福山市をはじめとする備後エリアでも転職支援をしてもらえるのはすごく有り難いなと思ったことを覚えています。
転職活動を始めた当初、前職と同じ会計事務所か、一般企業の経理に進むか迷っていて。会計事務所は個人事務所が多いため、他社エージェントからは大手の会計事務所の求人しか出てこない。そのことを担当者である福田さんに相談したら、「新規で求人を開拓してみます」と言ってすぐに動いてくださり、個人の会計事務所にも当たってくださいました。。。とても有り難かったですし、助かりました。
結果的に現職を選んだわけですが、これまでとは違う世界が見えた、本当に良い経験をしているなと日々感じています。会計事務所では見られないものが実体験として見られることは、自分にとって大きな変化です。

 
福山市の求人をすぐに紹介していただき、すごく有り難いなと思いました。
福山市の求人をすぐに紹介していただき、すごく有り難いなと思いました。
 
転職してみていかがでしたか?

毎朝、福山市の観光名所でもある「鞆の浦」を通り、海を見ながらマイカー通勤をしています。見慣れた景色に癒され、地元に帰ってきたなと日々実感しています。
現職ではいろいろなことを任せていただいています。今は税務担当ですけど、できる範囲を少しずつ広げていきたい、他の分野もできるようになりたいと考えています。
チャレンジ精神をとても大切にしてくれる会社に転職できて本当に良かったです。
余談ですが、自分たちの会社が作った船を間近で見られるなんて経験は今までになかったことですし、二ヶ月に一度ある完成船を海へと送り出す進水式では、おおっ!とついつい感動してしまいます。
前職がわりと忙しい職場だったのですが、おかげさまでゆとりある生活ができるようになり、仕事と趣味をバランスよく楽しめています。実は、前職で石川県金沢市に居た頃からカンフー(中国武術)を習っています。ジャッキー・チェンやドラゴンボールの孫悟空に憧れて始めたとかではなく、たまたま近くでやっていたので(笑)。地元に戻ってからも週に一度は広島県呉市の先生のところに片道2時間かけて通っています。先日は全国大会にも出場したんですよ。健康維持のためにもできるだけ長く続けていきたいです。

 
転職を考えている人へのアドバイスをお願いします。

就職先を考えるにあたって、なにが譲れて譲れないのか、きちんと線引きをすることでしょうか。自分の場合、「福山市の自宅から通勤できる範囲の会社」に絞りましたが、結果的に転職先が早く決まる要素となりました。ピンポイントに絞らなくても、どこまでだったら納得できるかを自分の中できっちり決めておくことが重要だと思います。

 
人事担当の宮下さんと。縄稚さんの様子は常に気にしているそうだ。
人事戦略部の宮下さんと。人事担当として、縄稚さんの様子は常に気にしているそうだ。