アイコン

インタビュー特集

Vol.1 広テレイベンツ 前田 昭太さん

夢をあきらめない。やりたい仕事に転職で再挑戦!

写真
写真

前田 昭太さん(26歳)

前職
営業(OA機器販売)
現職
イベント運営(マスコミ)

大学卒業後、OA機器販売会社の営業職として3年間勤務。 元々希望していたマスコミ業界の求人と出会い、2015年6月に広テレイベンツに入社。現在、広島テレビ放送株式会社 営業局事業部に出向中。

写真

株式会社 広テレイベンツ

住宅展示場の運営管理で15年の実績。近年、広島テレビ放送のイベント事業を受託しており、地域色豊かなイベントを展開し、抜群の集客力と話題性を誇っている。

http://www.htv.ne.jp/

コンサルタントに励まされながら、二人三脚で挑んだ転職活動

新卒とは全く違う転職という初めての経験で、どうすれば良いか全く分らなかったので、転職支援を受けて夢が叶い、本当に良かったです。
転職のきっかけを聞かせてください。

もともと学生時代から広島を盛り上げられる仕事をしたい思いがあり、テレビ局の中でも特に広島テレビへの就職を志望していましたが、残念ながら新卒の時点では叶えることができませんでした。就職した会社ではOA機器の営業を担当し、自分が提案した機器がコストダウンや業務のスピードアップに繋がったという声をお客様からいただけることに、やりがいを感じていました。上司や同僚、職場環境にも恵まれ、社会人としてはもとより、飛び込みの営業や電話営業など営業の基本を経験したことで、メンタル的にも成長できたのではないかと感じています。
日々仕事に向き合う中でも、やはりテレビ局で働きたいという想いが消えることがなく、それなら諦めず、チャンスがあるならもう一度挑戦してみようと決意しました。

 
どのように転職活動を進めましたか?

やりたい仕事は決まっていても、どう動いて良いのかが分からず不安もありました。地元でのテレビ局や関連会社での社員の募集はすぐにないだろうと思い、まずは転職サイトに登録してチャンスを待ちました。さまざまな紹介会社からスカウトメールを受けましたが、広島で事業を展開されていて放送局とも資本関係のあるメイツ中国さんならチャンスがあるのではないかと考え登録し、すぐに希望の求人に出会えて幸運だったと思います。

 
メイツ中国の転職支援を利用していかがでしたか?

仕事をこなしつつ空いた時間での転職活動だったので、スケジュール調整に非常に苦労しました。新卒の就職活動と違い情報収集も難しく、人に相談できないことも大変でしたが、コンサルタントの方から応募先企業の情報など、地元の転職支援会社ならではの具体的な情報がもらえたので、限られた時間の中でもスムーズに活動することができました。いろいろな場面でアドバイスや励ましの言葉をいただきながら二人三脚で取り組んだ転職活動でした。

考えるよりも行動することでチャンスは訪れる
転職してみていかがでしたか?

現在は、テレビ局の事業部の一員として、イベントの企画と運営に携わってます。未経験の分野への転職でしたが、入社後すぐに自分の担当するイベントが決まり、今は先輩たちに教えてもらいながら勉強の日々です。入社して約半年。自分が担当したイベントに多くの人が来てくれて、喜んでくれる姿を見ると、とてもやりがいを感じ、毎日が充実しています。
この仕事では、いろいろな立場の方たちと出会う機会も多く、とても勉強にもなりますし、自分の世界や人脈も広がると感じています。
未経験分野への転職ということでワクワクする反面、怖さもありました。転職を決意してから少しでもできることを準備しておこうとイベント検定の勉強に取組み、今も続けています。まだ、先輩たちの企画したイベントを運営することで精一杯ですが、いずれは自分が企画したイベントで多くの人に喜んでもらえるのが目標です。

 
転職を考えている人へのアドバイスをお願いします。

私の場合は、夢をあきらめきれずに再チャレンジとなる転職でした。少し遠回りはしましたが、やりたい仕事があるのであれば、考えているだけでは何も変わらないので、あきらめずに行動にしてチャンスを掴んでほしいと思います。

 

職務経歴書の書き方や面接対策等など、多岐に渡るアドバイスをいただきました。メンタル面でもサポートしてくれるコンサルタントは心強い存在でした。