転職Q&A | メイツ中国転職プロジェクト
転職お役立ち情報

転職お役立ち情報

転職Q&A

アイコン 転職の検討について

Q 転職活動はどのぐらい時間が掛かりますか?
A 応募から内定まで、一般的には1~3カ月程度はかかります。
ただし、個人差もありますので、場合によっては半年程度かかるケースもあります。
Q 現職が忙しく、転職活動に時間が取れません。
先に退職してもいいですか?
A 離職してからの転職活動は、様々なリスクがあるためあまりお勧めしません。
なかなか思うような求人が見つからず、離職期間が長引くケースもあります。
そうなると企業の評価は下がり、収入面での不安も出てきます。
結局思うような企業に転職できなかったということにもなりかねません。
先に退職した場合には、積極的に転職活動を行い、離職期間が長引かないように気を付けましょう。
Q 今いる会社にばれないか心配です。大丈夫ですか?
A 企業に応募をする際は、応募先企業や人材会社には守秘義務がありますので、決して漏れることはありません。
今働いている会社の上司や同僚にも極力転職活動をしていることを話すのは避けましょう。
また、会社のメールアドレスを使って応募をしたりすることは情報が漏れるリスクがあります。
必ず個人のメールアドレスを使用しましょう。
Q 転職回数は何回までが許容範囲?
A 何回までが許容範囲かという明確なものはありません。
転職毎にそれなりの理由があれば、企業側も納得されることもあります。
ただし、2年おきに頻繁に転職していては、多すぎとみられます。
40代以上の方であれば、直近の1社でせめて5年以上の在籍期間があれば、定着率が悪いという評価は避けられます。
Q 28歳男性です。
営業経験のみですが事務職へのキャリアチェンジは可能ですか?
A キャリアチェンジは一般的には25歳くらいまでの方を受け入れるケースが多いです。
転職者を採用する際には企業はほとんどの場合、経験者を求めています。
例えば、経理職へのキャリアチェンジを目指すなら、できるだけ難易度の高い資格を取得するなどの努力が必要です。
Q 転職に際し、やはり収入は下がりますか?
A 転職直後には、一時的に年収が下がるケースはよくありますが、長期的に見れば、転職した方が生涯年収が増える場合もあります。
短期的に判断するのではなく、成長する業界かどうかなどの将来性を見据えて、転職するか否かを考えることが重要です。
またたとえ年収が下がったとしても、仕事をする環境や労働時間が少なくなるなどの、ワークライフバランスが充実することも、プラスの変化となるでしょう。
Q 一度落ちた会社を再度受けることは出来ますか?
A 企業によって異なりますが、状況により再応募は可能です。
企業により規定がある場合がありますので、「○年以内は再応募不可」と明記してある場合は、NGです。
ただ、同一職種で、1年以内に再応募しても、採用担当者が同じケースが多く、何らかの理由により不採用になっている訳ですから、採用される可能性は低いと考えたほうがよいでしょう。
スキルにより不採用となった場合には、数年後にスキルを身に付けて同一職種にチャレンジすることは可能でしょう。
Q 第二新卒ですが、求人はありますか?
A 第二新卒の方でも、求人はあります。
新卒採用が思うようにできなかったり、新卒で入社しても3年以内に辞めてしまい、人材が不足している企業は多いからです。
その年齢層を補充するために、第二新卒の未経験者を積極採用しますが、大手企業の場合など新卒採用の競争倍率よりも意外に低く、入りやすいケースもありますので、狙い目かもしれません。
Q 何月頃が一番求人件数が多いですか?
A 日本では決算月の前後の、9~10月、2~3月に求人が増えてくる傾向にあります。
ただし、その時期は逆に求職者も多いため、求人が多い=(イコール)転職しやすいということではありません。
中途採用のニーズは年中ありますので、時期にとらわれることなく、転職を思い立った時期から転職活動を行えばよいでしょう。
夏場は意外とライバルが少なく採用されやすいケースもあります。
Q 引き継ぎに3ヶ月かかるが、転職先企業は待ってくれますか?
A 引継ぎについては、1~2か月程度が一般的です。
中途採用では入社時期がなるべく早い方を求めています。
入社時期が3か月後では遅すぎると思われ、採用されづらくなります。
今働いている会社から引き留めに合うこともあるかもしれませんが、しっかり調整し、よほどのスキルがない限りは、企業は3か月待ってくれると考えない方がよいでしょう。
Q 家族に転職を反対されます。どうすればよいですか?
A 転職は家族にとっても重要な決断です。
勤務地や収入面の変化により、生活スタイルが変わる不安があるからです。
転職を決めてからいきなり伝えるのではなく、転職活動をはじめるころから、なぜ転職をしたいのかをしっかり伝えましょう。
例えば、収入が下がる場合でも、休日が増えたり、帰宅の時間が早くなったりと、家族のために使える時間が増えるなどの利点が出てくることもあります。
お互い気持ちよく暮らしていくためにも、根気強く話し合いをしましょう。
Q やりたい仕事に関する資格を取得すれば、転職できますか?
A たとえば、経理になりたい人が日商簿記2級の資格を取得すれば、多少は有利に働くこともありますが、資格=転職とは簡単にいきません。
なぜなら中途採用においては、即戦力となる経験者を求めるケースが多いからです。
ただ、キャリアチェンジをしたいのであれば、第二新卒くらいの年齢であればポテンシャルで採用するケースもありますので、無資格よりは有利に働きます。
Q 英語を使った仕事がしたいのですが、どの程度のスキル・経験が必要ですか?
A 英語に関しては、TOEICでいえば600点以上が評価されるラインです。
それ以下の場合は、履歴書に書くことが返ってマイナスになる場合もあるので、注意が必要です。
中途採用においては、ビジネスでの使用経験を求められる場合が多く、資格=転職とは簡単にいきません。
中には、英語力が多少あればなお良いといった求人もありますので、少しでも携われる仕事で経験を積むのも一つの手です。
Q 前職を退職後、ブランクが1年ありますが、これって不利ですか?
A 1年のブランク期間中にずっと転職活動をしていただったり、何となく過ごしていたという理由でははっきり言って不利です。
ブランク期間中に何をしていたのか、採用担当者に納得感のある理由が必要です。
例えば、語学の勉強のため留学していた、家族の介護のため手が離せなかったなどの具体的な理由があれば、さほど問題には思われないでしょう。
転職は大体3か月くらいでできますので、3か月以上ブランクがある場合は、理由を話せるようにしておきましょう。

アイコン 情報の収集について

Q 何がやりたいかわかりません。どうしたらいいですか?
A 漠然と現状に不満を抱えているけど、次に何がしたいか分からないといった方は多いです。
まずは、情報収集からはじめましょう。
世の中には自分が想像もしないような仕事がたくさんあるものです。
その中から、現状比較し、自分が関心が持てることなどが見つかり方向性が見えてくるものです。
転職エージェントはキャリアカウンセリングも行っていますので、まずはご相談ください。
Q 業界分析にコツはありますか?
A まずは業界上位の企業の動向をチェックしてみましょう。
上場企業であれば、IR情報から、各事業の現状と今後の方針などを読み取ることができます。
四季報なども参考にするとよいでしょう。
新聞の情報も最新の情報が拾えますので、読み逃しのないように。
Q 企業分析のため、企業のホームページから情報収集するコツを教えてください。
A 以下の項目について、必ず目を通しましょう。
<会社概要・経営理念・サービスや商品などの事業内容・取引顧客・プレリリース・IR情報>
また、新卒向け採用ページなどがあれば、わかりやすく事業の仕組みや職種の役割などが説明されていますので、参考にするとよいでしょう。
実際に働いている人の記事なども参考になります。
Q 現在の自分の年収が適性かどうか知りたい
A インターネットで、年収診断などのサイトで調べることもできます。
情報をたくさん入れる必要もありますし、どのサイトを選べばよいのか迷ったりもします。
転職エージェントであれば、あなたの市場価値を適切に判断し、適正な年収もお伝えできますので、相談してみるとよいでしょう。
Q 自分の転職市場での価値を知りたい
A 現年収=転職市場での年収という訳には一概にはいきませんので、自己診断でわかるものではありません。
年収に関しては、今働いている企業の規模や業績、スキルなど様々な評価基準があるためです。
転職エージェントに相談するのがよいでしょう。
Q いつも募集している企業がありますが、なぜですか?
A いつも募集している=離職率が高いとは限りません。
業績が好調だったりする場合は、常に採用枠を抱えていたり、企業規模が大きい場合には、離職者が出るため常に補充が必要となります。
また、採用基準が厳しいケースや、なかなかいないスキルの人材を求めていたりするケースがあります。
Q 職場環境を事前に知ることはできますか?
A 採用ページなどで、先輩社員の生の声などが出ていますので、参考になります。
インターネット検索する場合は、ネガティブ情報ばかりが出てくるケースがありますので、100%鵜呑みにするのは良くありません。
転職エージェントであれば、ある程度の環境は把握していますので、相談するとよいでしょう。
また、面接に進んだ場合は、面接者以外の受付対応者などもしっかり観察してみましょう。
Q 東京在住ですが、地元の求人情報の探し方は?
A インターネット検索が一般的ですが、情報量も多く精査するのが大変です。
地元の転職エージェントであれば、全国規模の企業以外にも、地元を本社に置く企業の求人を多く扱っていますので、地元の転職エージェントに相談するとよいでしょう。
顕在化している求人以外にも、採用ニーズを掴んでいるケースもあります。
Q キャリアの幅を拡げるべきか、専門性を極めるべきか?
A 将来的にどうありたいかによって、答えは異なります。また、タイプによっても異なります。
選べるタイミングがあるのであれば、後悔しないようにしっかり考えましょう。
様々なケースが想定されますので、転職エージェントに相談してみてください。
Q 自分の今までの経験がどんな企業で活かせるかを知りたい
A 中途採用の場合は、まずは職種の経験を次に活かすのが一般的です。
また、業界経験があればといった求人もありますし、マネジメントや企画などの経験があるのであれば、他業界でも活かせるケースもあります。非常に様々なケースが考えられます。転職転職エージェントに相談してみましょう。

アイコン 応募

Q 何社応募すればいいですか?
A 応募の数に正解はありませんが、1社のみというのは極力避けましょう。
比較して検討しながら進めていくためにも、3社以上応募するのが一般的です。
在職中の方は、面接日の調整にも限界がありますので、可能な範囲でスケジュール調整が必要です。
Q 履歴書は手書きですか?
A 今は「パソコン」で作成するのが、一般的です。複数応募する場合に、手書きの場合は手間がかかるため、コピーして流用できる「パソコン」の方が圧倒的に便利です。
外資系企業やIT企業などでは、「手書き」の場合はパソコンスキルが弱く古いイメージを持たれるので、逆に避けたほうがよいでしょう。
場合によっては、「手書き」を求める企業もありますので、指定があれば従いましょう。
Q 履歴書の写真はデータでいいですか?
A 紙媒体で渡す場合は、きちんと写真を貼りましょう。
データで履歴書を送る場合は、データを貼り付けた形で構いません。
Q 職務経歴書は何枚までですか?
A ご年齢にもよりますが、2枚以内が適当です。
いくら経験が多いからといって、事細かに全て書き出しても採用担当者にとって見づらく肝心なアピールポイントを見逃されてしまうかもしれません。
まとめる能力も問われますので、要点を押さえてアピールしましょう。
Q 1週間で辞めた会社も職歴に入りますか?
A 試用期間中ですので、記載する必要はありませんが、面接時に経歴を伝える際に、口頭で面接者に伝えておいた方が無難です。
後でわかって、悪い印象を持たれることもありますので、退職した理由を説明し、話題を志望動機などにつなげましょう。
Q 履歴書の職歴に短期のアルバイトは記入すべき?
A 短期のアルバイトは記載する必要はありません。
Q 資格欄に趣味の資格は入れてもよい?
A 業務に関係のない資格は、書く必要はありません。
スポーツなどの資格は、趣味欄に記入するようにしましょう。
Q 「ブランク期間」はどのように書面に表現すればよい?
A 事実をきちんと記入しましょう。
履歴書には、「一身上の都合により退職」とし、自己PRなどの欄に、「資格取得の勉強をしていた」「留学していた」ことを記載しましょう。
Q 新卒時に不採用になった企業への応募は可能?
A 一般的には「再応募」は可能ですが、不採用となった数か月後に、当時とあまり変化がなければ採用される可能性は低いと考えたほうがよいでしょう。
最低でも1年以上のキャリア積んだうえで、再度チャレンジしてみるとよいでしょう。
Q 語学学校は学歴に入りますか?
A 語学学校については学歴に入りません。
ただし、語学留学の経験などは、採用担当者にとっても知りたい情報です。
学歴欄には、以下のように記載しましょう。
<○年○月 ○○大学付属○○語学学校に語学留学(6ヶ月間)>
Q 在職中の会社に応募企業から連絡が入りますか?
A 在職中の会社に応募企業から連絡を入れることは、常識的に考えてあってはならないことです。
退職の意思表示をしていない段階で、万が一会社から転職活動をしているのか聞かれても、知らないふりをしましょう。
また、応募情報を漏らすような体質の企業に入社することもお勧めしません。
Q 同じ企業に複数の職種で応募はできますか?
A 応募は可能です。
ただし、企業側の担当者が混乱する可能性もありますので、複数応募していることは伝えましょう。
また、職種が何でもよいという捉え方をされるリスクもありますので、それぞれの職種になぜ応募したいのかの理由づけと、スキルがどのように活かせるのかきちんと記載しましょう。
Q 書類選考はどのくらいの期間ですか?
A 通常は5日~10日くらいですが、中には1か月以上かかるケースもあります。
並行して転職活動をしている場合には、第一志望の企業からの回答が遅いと困りますよね。
転職エージェントを使えば、結果のスピードを速めてもらったり、遅いなりの理由を聞き出すこともできますので、ぜひ活用してください。

アイコン 面接・選考

Q 面接にメモを持ち込んでもいいですか?
A 問題ありませんが、メモを取りたい場合には「メモを取ってもよいですか?」と事前に承諾を得てからにしましょう。
Q 何を着ていけばいいですか?
A 男性、女性ともにスーツが基本です。詳しくはこちらをご確認ください。
Q 面接は大体何時頃にありますか?
A 9時スタートから18時終了の時間帯が一般的ですが、夜の時間帯でも対応していただける場合もありますので、事前に確認しましょう。
Q 面接の時間はどのくらいの長さですか?
A 30分~1時間が一般的ですが、筆記テストがある場合は2時間程度かかりますので、こちらも事前に確認しましょう。
Q 転職理由が人間関係、そのまま伝えてもいい?
A 誤解が生じて上手く伝わらない可能性が高いため、ネガティブな人間関係といった転職理由は避けた方が無難です。
出来るだけ前向きな理由を伝えましょう。
Q 名刺交換するべき?
A 必要ありません。
面接官が名刺を渡してくれる場合には、ありがとうございますと受け取れば問題ありません。
Q 履歴書は封筒に入れますか?
A 白い封筒に入れましょう。
面接官に渡す時には、白い封筒から取り出し、クリアファイルに入れた履歴書を重ねて渡しましょう。
Q 面接中の待遇や休日についての質問はNG?
A 基本的にはNGです。
福利厚生や残業、待遇などの質問は転職エージェントを活用するとよいでしょう。
Q 退職理由で現職(前職)の不利益になるような情報を話すのはNG?
A 口外してはいけない情報を面接で話してしまうこと自体に、あなたの信頼性を疑われかねませんので、話しても問題ない範囲で伝えましょう。
Q 面接の結果はいつ頃でますか?
A 一般的には1週間前後ですが、早い場合には2~3日のケースもあります。
ただし、他に候補者がいる場合には2週間以上かかってしまうケースもあります。
Q わからないことを聞かれた際の答え方は?
A 知ったかぶりに答えて間違った回答をしてしまうよりも、
素直に分からないと伝えた方が好感度が上がります。
「申し訳ございませんが、勉強不足で分かりません。」とお伝えしましょう。
Q 筆記試験対策は何かありますか?
A SPIの本を購入し、一通り勉強されることをお勧めします。
今はネットでも例題が多数出ていますので、そちらを参考にされるのもよいでしょう。

アイコン 内定・退職・入社

Q 退職を認めてもらえません。どうしたらいいですか?
A 口頭で伝えて認めてもらえない場合には、書面でしっかりと記録を残しましょう。
通常、上長の方にまずは相談するのが筋ですが、話が進まない場合には人事に相談したり、それでも難しい場合には、労働基準監督署に相談しましょう。
転職エージェントであれば、退職交渉についてもアドバイスさせていただきますので、是非ご相談ください。
Q 現職へ退職はいつ言えばいいですか?
A 内定が出たらすぐに、上長に時間を取ってもらい、退職の意思を伝えましょう。
法律上では14日前となっていますが、引継等も考えると、1~2ヶ月前に申し出るのがマナー的にも常識の範囲でしょう。
Q 年収交渉は出来ますか?
A 面接時に希望年収を伝えるため、条件が提示されてからの交渉は一般的に難しいと言えます。
年収などの交渉ごとは、転職エージェントにお任せください。
Q 入社承諾の返事はどのぐらい待ってもらえますか?
A 通常は1週間ですが、他に候補者がいる場合には、短く設定される場合もありますし、交渉次第で2週間程度待ってもらえる場合もあります。
Q 入社承諾をした後に辞退はできますか?
A 職業選択の自由があるため、内定を辞退できないといった法的な規定はありません。
ただし、企業側はあなたの受け入れ準備のため、人員構成を整えたり、備品を購入したりと、入社承諾後の辞退は企業側に多大な損害を与えますので、入社承諾の返事は慎重に。どうしても辞退したい場合には、誠意ある行動を取りましょう。
Q 内定が出た企業からは「2月中に入社して欲しい」と言われてますが、
現職からは「引き継ぎの関係で4月まで残って欲しい」と言われてます。
A 現職に次の会社に2月から入社して欲しいと言われている旨を伝え、理解を得れるように交渉しましょう。
どうしても難しい場合には、次の会社と入社時期を交渉するようになりますが、こちらも転職エージェントを活用しましょう。
Q ベンチャー系で勢いのある新興企業と、規模は小さいが創業60年を誇る
低位安定型企業、同時に内定が出ました。どちらを選んだほうがよいですか?
A 今はどんな安定企業でも、いつ何が起こるかは分からない時代です。
まずあなたが何をやりたいか、今後どんなキャリアを築いていきたいかを考えてみてください。
弊社のサービスは求人紹介だけではなく、あなたの価値観を踏まえたうえでのキャリアカウンセリングも実施していますので、まずはご相談ください。
Q 同業他社から内定をもらったが、現職の上司からそれは許されないとの話がありました。 入社時に誓約書を書いた覚えはありません。無視してよいの?
A 転職はキャリアを活かすのが基本のため、同業他社に転職することは当たり前のことです。
また、あなたには職業選択の自由がありますので、基本的には気にする必要はありません。
Q 現職の上司に退職届を提出したら、「条件を上げるし、昇進させるので残ってくれ!」と言われました。そのまま残っても大丈夫でしょうか?
A あなたを引き止めるための口約束の可能性もありますし、一度退職の意思を示したことで、既に会社側はあなたへの信頼を失っており、社内での評価が下がっている可能性もありますので、一度示した退職の意思を途中で曲げることはお勧めしません。
Q 転職先企業から内定が出た後、最初に聞いていた条件と大きく違いました。
既に現職には退職届を出しています。どうすればよいですか?
A まずは転職先企業へ確認してみましょう。
このようなトラブルにおいては、転職転職エージェントを通せば、事前に確認してくれるので、未然に防ぐことが出来ます。
基本的には採用条件をきちんと書面で確認をしてから、現職へ退職届を提出しましょう。
Q 転職活動中の企業の選考期間が異常に長いと感じた場合、途中で辞退するのはマナー違反?
A 問題ありませんが、選考期間が2週間以上を超えた場合には、途中で状況確認をするのもよいでしょう。
Q 内定が出てから退職まではどのくらいの期間が適当ですか?
A 通常1ヶ月~2ヶ月です。ただし、転居を伴う場合や、現職の都合でどうしても長引きそうな場合などは3ヶ月というケースもあります。
Q 退職までに有給休暇を取得したいのですが、タイミングは?
A 就業規則によって何日前に申請をする必要があるかが異なりますので、事前に確認してください。
Q 転職先に入社後、気を付けることはありますか?
A 仕事に慣れるよりも、まずは環境や人に慣れることが大切です。
転職は即戦力としての活躍が期待されていますが、まずは働きやすい環境をご自身で作ることを心掛けてください。