アイコン 電気・機械系エンジニア 求人特集

風景写真

電気・機械系エンジニアの求人数 251 件中 41~50件 を表示

求人No.JOB26179

【広島市】ドア・及びマフラーの設計

勤務地 広島県広島市
職種 ドア・マフラーの設計
年収 400万円~500万円
仕事内容

自動車用排気系部品やドアを作るための設計を行います。 これまでのご経験に合わせて当面の業務を決定いたします。 ※使用CAD:NX、CATIA

求人No.JOB26180

【広島市】メーカーで排気系試作治具設計

勤務地 広島県広島市
職種 排気系試作治具設計
年収 400万円~500万円
仕事内容

排気系部品の試作に必要な治具設計および試作に関わる各種手配/調整業務を担当いただきます。 ・排気系試作用治具の設計及び手配業務 ・開発県連の事務局的な業務 ・設計標準化やVE/VAなどの活動推進 ・試作品作成時に必要な部品を手配するための部品構成情報の入力(PC) ※試作現場との折衝業務等が中心になるため、機械製図の知見のある方の採用を検討しております。

求人No.JOB26173

【広島市】排気系流体及び音響CAEエンジニア

勤務地 広島県広島市
職種 排気系に関する流体・音響CAEエンジニア
年収 400万円~500万円
仕事内容

自動車排気部品に関する流体・音響CAEエンジニアとしてご活躍をいただきます。 ・自動車の排気部品量産開発における背圧、音及び温室、耐熱性、浄化性能に関する熱流体解析業務 ・上記解析結果の考察と技術資料所作成 ・次世代製品の為のCAEによる企画、設計構想の性能解析業務 など

求人No.JOB26176

【広島市】自動車部品メーカーで金型研究開発

勤務地 広島県広島市
職種 金型研究開発
年収 400万円~500万円
仕事内容

金型構造の研究開発を担当いただきます。 ・金型構造の提案、検証 ・難成型材料を成型する技術の開発(ハイテン、アルミ合金、チタン合金、CFRPなど) ・樹脂成型技術の開発(プレス成型、射出成形)

簡単無料 転職支援サポートに申し込む

求人No.JOB26279

【安芸郡】マツダでモデルベース開発エンジニア

勤務地 広島県安芸郡府中町
職種 モデルベース開発エンジニア
年収 400万円~800万円
仕事内容

【職務概要】 パワートレイン制御システム開発部にて、モデルベース開発に必要な環境構築・管理およびプラントモデル開発業務を担当いただきます。具体的には試作する前に設計図である制御モデルを机上でシュミレーションするMILS(Model the Loop Simulation)と試作された制御コンピュータを繋いでシュミレーションするHILS(Hardware In the simulation)を整備いただき、短期間で高品質/高機能なクルマの開発につなげていただくことがミッションです。 【職務詳細】 【1】MILS/HILSシステムの環境構築/管理: ・対象となる車両システムに適合したMILS/HILS環境構築 ・変化に応じた環境のメンテナンス、共通化による効率的な運用・管理 ・環境の精度向上・管理、改善、自動化による効率化推進、標準化 【2】プラントモデル開発: ・対象となる車両システムに適合したプラントモデルの開発 ・新規システムに適合したプラントモデルの要件定義、設計、開発 ・プラントモデルの精度向上 【入社後キャリア】 ご経験/スキルによりますが、入社後まずはMILS/HILS業務の中で知識・経験が活かせる領域から担当いただきながら、マツダのモデルベース開発の流れやMILS/HILSの全体像に関する知見を習得いただきます。 その後、クルマ一台分のMILS/HILSの構築業務や、検証環境の自動化などの領域に幅を広げていただきながらパワートレイン制御システムのモデルベース開発でご活躍をいただくことを期待しております。 【ポジション特長】 ・机上でのシミュレーションのみならず、実際にモノに触れる機会が多く、エンジニアとしてモノづくりの醍醐味を感じることができる環境です。 ・モデルベース開発技術について、マツダはグローバルでも最先端を走っており、新技術や取組を体感し、成長できる環境が整っております。

求人No.JOB26285

【安芸郡】マツダで原価改善エンジニア

勤務地 広島県安芸郡府中町
職種 原価改善エンジニア
年収 400万円~800万円
仕事内容

【職務概要】 マツダが理想と考えるクルマ作りを実現するための「モノ造り革新活動」にコストのプロとして参画し、原価改善に関わる業務を担当いただきます。新製品開発から量産化までモノ造り全体を通した原価改善をミッションにご活躍をいただくため、クルマ全体を俯瞰したモノ造りに携わることができるポジションです。 【職務詳細】 ・現状からの改善ではなく、ゼロベースで「理想のモノ造り」を材料使用料、加工方法や加工時間等の形で定義し、これを元にコスト見積もりを行い理想コストを定義します。理想コスト(=理想のモノ造り)の実現に向けて部品サプライヤ様も含めた社内外の関連部門と協力し、技術開発や生産性改善活動に繋げていきます。 ・理想コストをグローバルに設定、実現していくためにアメリカ、メキシコ、タイ、中国といった当社の生産拠点のある地域を中心に海外における日本とは異なるモノ造り、コストの実態や課題についても熟知し、海外拠点のモノ造り活動、収益改善活動に繋げていきます。 <担当領域> 【1】電子系部品、ソフトウェア: エンジン/トランスミッション/ボデー/シャシーの車載制御ユニットや情報ディスプレイ、スイッチ類などの電子部品およびそれらに搭載されるソフトウェア 【2】機構系部品: 内外装部品やシャシー、エンジン部品などの機構系部品や素材系部品など 【ポジション特長】 ・マツダのモノ造り革新をコスト開発の観点でリードし次世代商品の開発に参画いただきます。 ・開発/生産技術/調達/物流/品質といった社内関連部門、さらには部品サプライヤ様や海外拠点といった様々な関係者との協力関係構築力も必要になります。また原価企画部門の一員として、商品収益や全社収益から見た部品コストという視点も養っていただきます。 ・技術的なアプローチでの課題解決に取り組むことで部品サプライヤ様も含めたWin-Winの関係構築を目指しています。

求人No.JOB26274

【安芸郡】マツダで電気駆動システム開発

勤務地 広島県安芸郡府中町
職種 電気駆動システム開発(システム構成・制御仕様等の構想企画・設計)
年収 400万円~800万円
仕事内容

【職務概要】 電気駆動(Mild-Hybrid、BEV、PHEV)システムの設計・開発構想、具現化するための制御技術の設計・開発およびモデルベース(シュミレーション技術)を活用したシステム・制御の機能開発検証を担当いただきます。実際に実機などを用いてカラクリ解明を進めながら、車両全体での最適なエネルギー配分方法を机上検討し、システム提案や制御仕様を構築することがミッションです。 【職務詳細】 電気駆動システムの下記領域のいずれかの業務を担当いただきます。 ・サーマルマネジメントシステム ・電源・エレキマネジメントシステム ・トルクマネジメントシステム 【部門ミッション】 将来のパワーソースの一翼を担う電気駆動システムのさらなる高機能化実現の為、カギとなるサーマル、電源・エレキ、トルクの各マネジメントシステムについて、コモンアーキテクチャ構想による一括開発とモデルベース開発(からくりをモデル化する技術)により創造的かつ効率的にその開発を実践します。 【ポジション特長】 ・マツダは2030年に生産するすべての車両に電動化技術を搭載する予定であり、2020年には自社独自開発の電気自動車をローンチする予定です。その他、ハイブリッド車、プラグインハイブリッド車、新開発のロータリーエンジン技術を生かしたロータリーレンジエクステンダーなどマルチソリューションを展開していく予定です。 ・マツダのクルマ作りにおける一貫した信念、それは常識や限界にとらわれることなく、徹底的にやり抜くこと。挑戦の積み重ねはマツダのDNAとなっています。誰もが諦めていた「走る歓び」と「優れた環境・安全性能」を両立させた「SKYACTIV TECHNOLOGY」、商品競争力を高めるフレキシビリティとボリューム効率を高めるコモナリティを両立する「モノ造り革新」など、マツダのクルマは多くの人の常識を超えた挑戦の結果生み出されたものです。クルマは単なる移動手段ではなく、人生においてかけがえのない存在であってほしい。そんなこだわりやモノ造りに共感をいただける方の応募をお待ちしております。

求人No.JOB26275

【安芸郡】EV/PHEV用インバータ制御開発

勤務地 広島県安芸郡府中町
職種 EV/PHEV用インバータ制御開発
年収 400万円~800万円
仕事内容

【職務概要】 電気駆動システムおよびインバータの開発、またその制御技術、モデルベース開発を実施いただきます。 【職務詳細】 以下のいずれかの業務を担当いただきます。 ・電気駆動システムの最適機能配分によるシステム構築、および高密度高効率インバータの開発 ・電気駆動システムの総合制御、およびインバータ制御開発 ・電気駆動システムのプラントモデル、およびインバータ特性、変換損失、熱伝達、NVなどのモデルベース技術開発 【部門ミッション】 ・電気駆動システムのコア部品開発を担う部門で、インバータやモータ、充電器、DCDCコンバータ、給電器などを担当しております。これからをコモンアーキテクチャ構想による一括開発とモデルベース開発により、創造的かつ効率的に開発業務を担当いただきます。 【ポジション特長】 ・マツダは2030年に生産するすべての車両に電動化技術を搭載する予定であり、2020年には自社独自開発の電気自動車を投入する予定です。その他、ハイブリッド車、プラグインハイブリッド車、新開発のロータリーエンジン技術を生かしたロータリーレンジエクステンダーなどマルチソリューションを展開していく予定です。 ・マツダではパワートレイン開発において、各部品の技術を追求するだけではなく、インバータやコンバータ、IGBTなどの電機駆動部品全体やエンジン/エンジン部品も含めたクルマ全体での最適となるようなクルマ開発を目指しております。その為、関係各所とのコミュニケーションが多く、担当部品以外の製品についても幅広く理解をいただくことが必要となりますが、その分クルマづくりの醍醐味を体感することが可能です。

求人No.JOB26276

【安芸郡】マツダで電気駆動ユニットの機構開発

勤務地 広島県安芸郡府中町
職種 電気駆動ユニット(モータ、インバータなど)の機構開発/設計
年収 400万円~800万円
仕事内容

【職務概要】 電気駆動ユニット(モータ、インバータなど)の機構設計、モデルベース開発を担当いただきます。パワートレインシステムの電動化および高機能化に応じて、その構造も非常に複雑になっておりますが、目標とする機能を実現するため、関係各所との折衝を行いながら、最適な電気駆動ユニットの構造企画および開発をいただくことがミッションです。 【職務詳細】 ご経験やスキルに応じて以下いずれかの業務を担当いただきます。 ・電気駆動ユニットの筐体構造設計、冷却構造設計、締結構造設計 ・電気駆動ユニットのプラントモデル構築、および電気駆動ユニットの特性、損失、熱伝達、NVなどの検証を目的としたモデルベース技術開発を担当 【部門ミッション】 電気駆動システムのコア部品開発を行う部門で、モータやインバータ、充電器、DCDCコンバータ、給湯器などを担当しております。これからをコモンアーキテクチャ構想による一括開発とモデルべース開発により創造的かつ効率的に開発業務を行っております。 【ポジション特長】 ・マツダは2030年に生産するすべての車両に電動化技術を搭載する予定であり、2020年には自社独自開発の電気自動車を投入する予定です。その他、ハイブリッド車、プラグインハイブリッド車、新開発のロータリーエンジン技術を生かしたロータリーレンジエクステンダーなどマルチソリューションを展開していく予定です。 ・マツダのクルマ作りにおける一貫した信念、それは常識や限界にとらわれることなく、徹底的にやり抜くこと。挑戦の積み重ねはマツダのDNAとなっています。誰もが諦めていた「走る歓び」と「優れた環境・安全性能」を両立させた「SKYACTIV TECHNOLOGY」、商品競争力を高めるフレキシビリティとボリューム効率を高めるコモナリティを両立する「モノ造り革新」など、マツダのクルマは多くの人の常識を超えた挑戦の結果生み出されたものです。クルマは単なる移動手段ではなく、人生においてかけがえのない存在であってほしい。そんなこだわりやモノ造りに共感をいただける方の応募をお待ちしております。

簡単無料 転職支援サポートに申し込む

電気・機械系エンジニアの求人数 251 件中 41~50件 を表示