コンサルタントブログ

2018.03.12
コラム

「移住したい都道府県」ランキングで広島県が4位にランクインしました!

宮島の夕焼け

こんにちは、メイツ中国の渡邊です。

ようやく暖かくなったと思えば、また少し寒さが戻ったりと、この季節は体調管理と外出時の服のチョイスに頭を悩ませますね。

さて、先日NPO法人が首都圏周辺でアンケートを実施した「移住したい都道府県」ランキングで広島県が堂々の4位にランクインしました!

ちなみに1位は長野、2位山梨、3位静岡、5位は新潟の順で、みな首都圏からは比較的近い県が上位を占める中、東京から直線距離で800km離れた広島が4位に入ったのは快挙だと思います。

やはり瀬戸内海に面した温暖な土地柄で、適度な都会、全国的に知名度の高い宮島や尾道、世界遺産の原爆ドームと厳島神社など、風光明媚な観光スポットが多いのも人気のひとつかも知れません。

ただ、実際に移住となると「働く場所探し」が一番のポイントになるかと思いますが、これも昨年12月のデータでは広島の有効求人倍率は2.02倍と、東京に次いで2番目と高い水準となっています。

私たちメイツ中国では、広島への移住=Iターン希望の方への転職支援も積極的におこなっていますので、お仕事情報だけではなく、住みたい地域の住環境や教育環境、不動産情報まで、「生活面のすべて」をひっくるめてお手伝いをさせて頂きます。

広島へのIターン、Uターンをお考えの方はお気軽にメイツ中国までお問い合わせください!