コンサルタントブログ

2018.02.23
コラム

お好み焼きと府中焼きの違い、ご存知ですか?

府中焼き

こんにちは、メイツ中国の福田です。

春一番が吹き、新しい季節の到来を感じている今日この頃。
待ちに待ったプロ野球の公式戦もあと1ヶ月ちょっとで開幕します。
今年こそカープが日本一になれますように。
まずは福山市民球場で行われるオープン戦に行ってしっかり応援したいと思います。

先日、当社の親会社である中国新聞社の新卒採用に関する企業取材に同行する機会があり、広島県府中市を代表する上場メーカーのトップにお会いすることができました。
インタビューの内容は3月下旬の中国新聞朝刊に掲載予定ですので、どうぞお楽しみに。

その帰り道、せっかく府中に来たのだからと勇んで府中焼きを食べることにしました。
注文したのは「肉玉そば(辛麺に変更)イカ天入り」。
メニュー名は同じなのに広島のお好み焼きと違うのは、まずお肉が豚バラではなくミンチ。
野菜はキャベツのみでもやしはなし。とにかく水分を飛ばしながら焦げ目がつくまでぺたぺた押さえて麺もカリカリになるまで焼くのが府中焼きです。
いただきますの直後、前日のお昼にお好み焼きを食べたことをやっと思い出しました(笑)

お好み焼き

写真で比較するとやっぱり違いますね。
広島のボリューミーなお好み焼きを食べ慣れている私としては、府中焼きはスナック感覚でぺろりといけちゃいます。同じ広島県内なのに所変われば、ですね。
みなさまもふたつのソウルフードをぜひ食べ比べてみてください。